メリットを活かす

少額訴訟は少額債権を回収するための訴訟です。少額訴訟では60万円以下の債権の回収が行えますが、この際会社の関係者が訴訟を起こすことができ、弁護士は実のところ必要ありません。それなら依頼に料金を支払う分損になると思うかもしれませんが、実はそうではありません。会社の損失を確実に減らすためにも、少額債権の回収も弁護士に依頼することをおすすめします。そして弁護士のサポートをを活かしつつ少額訴訟を起こしてください。

 

弁護士が少額訴訟を担当すると、相手に対しての牽制として働いてくれます。社員が訴訟を起こしても、それ以上のことは起きないと相手は思うかもしれませんが、最初に弁護士がいるとわかれば、本格的な訴訟に発展させる前に返済に応じることもあるでしょう。さらにいえば、弁護士がいることで、法的知識が詳しい人にすべての手続きを任せることができるので、書類の記載ミスなども最小限に抑えられるはずです。

 

弁護士を雇うと、訴訟までの面倒な手続きをすべて任せることができます。少額訴訟であっても訴訟は訴訟なので、きちんと書類作成しておかないと、訴訟は成立しません。その点弁護士に任せれば、面倒な各種手続きもミスすることなく済ませられるます。訴訟後の対応については、こちらがお金を貸している以上、こちらのほうが圧倒的に有利なので、それほど内容については気にしなくても、弁護士に任せてしまえば、大きな損失も無く事業を始めることができるでしょう。

0

債権回収を確実に

少額債権とは文字通り少額の債権を指し、何かの理由で企業が小額を貸し出した際に発生します。もちろん返済してもらわなければならないものですが、中には返済が滞ることもあり、大企業になると、小額の返済が行われなくても、それほど大きな被害が出ないことから、放置されることもあるといいます。とはいえ小額でも損害が出ているのは間違いありませんし、中小企業の場合はそれなりの痛手になることもあります。そういうときには少額訴訟を起こして、返済を促すことができます。当サイトでは債権回収についての情報を掲載しています。

 

少額債権の返済に対しては、少額訴訟を行うことができます。少額訴訟は、60万円以下の債権に対して起こせる裁判で、訴訟すれば1回の期日で判決が出ます。もちろん返済をしていない企業にしてみれば、訴訟を起こされて裁判に発展すると困るので、訴訟を促すとわかればその時点で返済に動くでしょう。このとき弁護士を雇えば、債権についての証拠を調べて、各種手続きもすべて済ませてくれるので、こちらはほとんど何もせずに債権を回収できるでしょう。

 

小額訴訟自体は代理人が行えるので、弁護士を雇わなくても成立しますが、やはり弁護士が担当したほうが確実に返済してもらえます。法律に関する知識が豊富なのはもちろん、弁護士がいるということ自体が一種の牽制にもなるので、小額だからと高をくくっている企業もすぐに返済に動くでしょう。確実に債権回収を行いたいときは、弁護士を探しておくのをお勧めします

0

弁護士は不要?

少額の債権は大きな被害でもないので、後回しされることもありますが、損失であることには変わりません。60万円以下の少額債権に対しては、少額訴訟を行うことができるので、返済を何度も滞らせる取引先に対しては、訴える用意があることを伝えましょう。少額訴訟は弁護士以外でも起こすことができるので、弁護士を雇う必要は無いという意見もありますが、弁護士を雇わなくても問題は無いのでしょうか。

 

裁判というと、裁判所を使った大掛かりなものという印象がありますが、少額訴訟についてはそこまで本格的なものではありません。何時間か話をして、判決を言い渡すだけの大変シンプルな内容で、ごく普通の部屋で行われるくらいです。そのため弁護士を立てる必要も無く、会社の社員が担当しても問題ありません。そのため弁護士を雇う費用を節約しようと、社員だけで対応するという企業も多いのですが、それでも油断は禁物です。

 

少額訴訟を起こす際は、大抵加害者側が不利なのですが、証拠が極端に不足しているなど、相手にとって有利な状況が作られていると、訴訟しても返済額を得られない可能性もあります。いざというときの備えとしても、弁護士を雇い入れておくと、より確実に訴訟を行うことができ、債権を回収できます

0