債権回収を確実に

少額債権とは文字通り少額の債権を指し、何かの理由で企業が小額を貸し出した際に発生します。もちろん返済してもらわなければならないものですが、中には返済が滞ることもあり、大企業になると、小額の返済が行われなくても、それほど大きな被害が出ないことから、放置されることもあるといいます。とはいえ小額でも損害が出ているのは間違いありませんし、中小企業の場合はそれなりの痛手になることもあります。そういうときには少額訴訟を起こして、返済を促すことができます。当サイトでは債権回収についての情報を掲載しています。

 

少額債権の返済に対しては、少額訴訟を行うことができます。少額訴訟は、60万円以下の債権に対して起こせる裁判で、訴訟すれば1回の期日で判決が出ます。もちろん返済をしていない企業にしてみれば、訴訟を起こされて裁判に発展すると困るので、訴訟を促すとわかればその時点で返済に動くでしょう。このとき弁護士を雇えば、債権についての証拠を調べて、各種手続きもすべて済ませてくれるので、こちらはほとんど何もせずに債権を回収できるでしょう。

 

小額訴訟自体は代理人が行えるので、弁護士を雇わなくても成立しますが、やはり弁護士が担当したほうが確実に返済してもらえます。法律に関する知識が豊富なのはもちろん、弁護士がいるということ自体が一種の牽制にもなるので、小額だからと高をくくっている企業もすぐに返済に動くでしょう。確実に債権回収を行いたいときは、弁護士を探しておくのをお勧めします

Written by 管理人 in 未分類

Next Post

メリットを活かす

少額債権とは文字通り少額の債権を指し、何かの理由で企業が小額を貸し出した際に発生します。もちろん返済してもらわなければならないものですが、中には返済が滞ることもあり、大企業になると、小額の返済が行われ […]

Continue Reading