弁護士は不要?

少額の債権は大きな被害でもないので、後回しされることもありますが、損失であることには変わりません。60万円以下の少額債権に対しては、少額訴訟を行うことができるので、返済を何度も滞らせる取引先に対しては、訴える用意があることを伝えましょう。少額訴訟は弁護士以外でも起こすことができるので、弁護士を雇う必要は無いという意見もありますが、弁護士を雇わなくても問題は無いのでしょうか。

 

裁判というと、裁判所を使った大掛かりなものという印象がありますが、少額訴訟についてはそこまで本格的なものではありません。何時間か話をして、判決を言い渡すだけの大変シンプルな内容で、ごく普通の部屋で行われるくらいです。そのため弁護士を立てる必要も無く、会社の社員が担当しても問題ありません。そのため弁護士を雇う費用を節約しようと、社員だけで対応するという企業も多いのですが、それでも油断は禁物です。

 

少額訴訟を起こす際は、大抵加害者側が不利なのですが、証拠が極端に不足しているなど、相手にとって有利な状況が作られていると、訴訟しても返済額を得られない可能性もあります。いざというときの備えとしても、弁護士を雇い入れておくと、より確実に訴訟を行うことができ、債権を回収できます

Written by 管理人 in 未分類

Next Post

債権回収を確実に

少額の債権は大きな被害でもないので、後回しされることもありますが、損失であることには変わりません。60万円以下の少額債権に対しては、少額訴訟を行うことができるので、返済を何度も滞らせる取引先に対しては […]

Continue Reading