少額訴訟は少額債権を回収するための訴訟です。少額訴訟では60万円以下の債権の回収が行えますが、この際会社の関係者が訴訟を起こすことができ、弁護士は実のところ必要ありません。それなら依頼に料金を支払う分損になると思うかもしれませんが、実はそうではありません。会社の損失を確実に減らすためにも、少額債権の回収も弁護士に依頼することをおすすめします。そして弁護士のサポートをを活かしつつ少額訴訟を起こしてください。

 

弁護士が少額訴訟を担当すると、相手に対しての牽制として働いてくれます。社員が訴訟を起こしても、それ以上のことは起きないと相手は思うかもしれませんが、最初に弁護士がいるとわかれば、本格的な訴訟に発展させる前に返済に応じることもあるでしょう。さらにいえば、弁護士がいることで、法的知識が詳しい人にすべての手続きを任せることができるので、書類の記載ミスなども最小限に抑えられるはずです。

 

弁護士を雇うと、訴訟までの面倒な手続きをすべて任せることができます。少額訴訟であっても訴訟は訴訟なので、きちんと書類作成しておかないと、訴訟は成立しません。その点弁護士に任せれば、面倒な各種手続きもミスすることなく済ませられるます。訴訟後の対応については、こちらがお金を貸している以上、こちらのほうが圧倒的に有利なので、それほど内容については気にしなくても、弁護士に任せてしまえば、大きな損失も無く事業を始めることができるでしょう。